内側から爪を綺麗にする方法

OFF

外側からネイルのケアをすることも大事ですが、同じように内側からも爪を綺麗にしてあげるということも重要です。そのために必要になるのは、爪にとって必要な栄養素を補給できるような食事です。爪に必要な栄養素としては、たんぱく質があります。動物性たんぱく質の場合には爪に弾力性を与え、植物性たんぱく質の場合には爪を丈夫にすることができるようになります。

そしてビタミンの場合、ビタミンAであれば抗酸化作用を持っており、薄い爪を硬く丈夫なものにしていってくれます。ビタミンB2であれば細胞の再生、成長を促し、爪だけではない皮膚や髪の毛や歯を形成するのに役立ちます。ミネラルは、カルシウムや鉄といったもので、健康な歯、骨、爪の形成のためには必要な栄養素になります。爪や髪の毛については、主な成分はケラチンというたんぱく質が変化したものになっています。爪に良い栄養というのは、つまり髪の毛にも良いということです。
たんぱく質を摂取するということを心がけるようにするとよいでしょう。

リンク
池袋の居酒屋はおいしいと人気の青龍門。

This post was written by , posted on 1月 25, 2013 金曜日 at 9:10 am

Comments are currently closed.