ハーブの種類について

OFF

全体で、ハーブは3000から5000の種類がいわれています。
それだけ数に開きがあるのは、正確な数がまだわかっていないからです。
そもそもの語源はラテン語のHebraという言葉であり、これは草を意味する言葉です。
ハーブは、芳しい香りを持っているということが特徴とされていますよね。
今では日本でも高い人気を持っているハーブですが、元々は欧米諸国、南半球、アジアでも人々に親しまれてきたものです。
自然を重視するという考え方が、地球の中で共通しているということでもあるのではないでしょうか。
今では、環境問題が大きなものになっていますよね。これからは、そういった影響からもハーブを用いていくということが増えていくのではないでしょうか。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:07 pm

Comments are currently closed.