SPF値で何がわかるのか

OFF

夏には日焼け止めが大活躍をするものですが、それと並んでSPFという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。これは、Sun Protection Factorという言葉の頭文字を取ったもので、肌を赤くしたり、ガンの原因にもなってしまうUVBを、どれくらいの時間防ぐかについてを数値化したものです。
日焼け止めなど、肌に予防をしないままに日焼けをしてしまっていると、時間の経過とともに皮膚は炎症を起こしていってしまいます。火傷に似た状態になってしまうのですね。そしてSPFというのは、このように赤くなってしまう状態をどれくらい引き伸ばすかという数値になるのです。
例えばSPF1の場合、20分赤くなり始める状態を引き伸ばすことが可能になります。
SPF30という表示を見たことがないでしょうか。この場合、20分×30となりますので、600分の引き伸ばし効果を期待することができるのです。しかし、SPF数値が同じであっても、塗り方、量に差があったりすると個人差が生まれてきます。
ですが、一般的に使われてる量は、使用法に表示されている量よりも実は少ない量であるといわれています。適量を使ってしまうと、重苦しく感じてしまうほどに量があるために、薄く伸ばして使うほうがいいかもしれません。
しかしここで気をつけたいのは、薄めに使ってしまうと、実際に表示されているSPF値よりも効果が低くなってしまうということです。なので、日焼け止めとしての効果を期待することができないという声も聞くものです。夏には汗もかいてしまいますし、落ちやすい状態になってしまうのです。こういった問題を防ぐためには、それ以外にもSPF効果のあるものを重ねて塗ったり、何回か塗りなおしたりするという方法が良い効果をもたらしてくれるでしょう。ですが、重ねることによって単純にSPF値が高まっていくというわけではないので注意しましょう。
紫外線予防のための層にすることができ、紫外線を防ぐためには高い効果を期待できるかと思います。またもうひとつ注意をすることとして、塗り方にムラがある場合、日焼けをしてしまう部分が出来てしまうかもしれないということです。変に日焼けをしてしまう可能性もあるために、ムラが生まれてしまわないように気をつけるようにしましょう。
国内最高のSPF値となっているのは、現在SPF50、もしくはSPF50+となります。50+と表記されている場合、これは50以上の効果があるということになります。日焼けをしたくないと思っているのであれば、SPFが高いものを選ぶようにしましょう。

This post was written by , posted on 9月 10, 2013 火曜日 at 8:37 am

Comments are currently closed.