ハーブを大きく2つに分けると

OFF

ハーブは、大きく分けて二種類のものを考えることができます。
まずは、嗜好品として、紅茶、コーヒーなどのような感覚で、ハーブティとして飲むもの。
それに対してもう一つは、薬用品として飲むという方法です。
ハーブティとして飲むということであれば、安全性は高いと思います。
薬用の場合は効果は高く得ることができますが、正しい方法で使うということが求められてきます。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:07 pm

Comments are currently closed.