しっかりと意思表示をしよう

OFF

入会をすれば値引きをしますよ、というように契約を強く迫られるようなこともあるかもしれません。しかし、契約の意思がない場合、まだ入会を迷っている状態であれば、あいまいに返事をすることはやめておきましょう。あくまで自分の意思をはっきり伝えておくようにしましょう。もし自分の中に迷いがあるのであれば、その場だけで考えて返事をするのではなく、一旦自宅へ帰ってしっかり考えて見ることも大事ですね。
断りきることができずに契約をしてしまった、という場合でも、クーリングオフ制度を利用すれば、その契約を解除することも可能です。またクーリングオフ期間を過ぎてしまっていても、法令に基づいて金額を支払うことによって、途中で解約をするうことも可能です。
できるだけ、気持ちよく契約を交わすために、自分自身で気をつけることが大事ですね。

LINK
不登校からの高校留学の背中を押すWSOセンターです
■個別指導で身に付く帰国子女のためのKIKOKU塾

This post was written by , posted on 4月 5, 2013 金曜日 at 8:54 am

Comments are currently closed.