免疫力を高めてかぜ対策

OFF

風邪ウイルス、感染するとあるときは酷く、あるときは軽く済み、感染したことにも気付かない場合があります。
酷い症状の場合、「強いウイルスに感染した」と思いがちですが、実はそうではないのです。では何故症状が異なるのかというと、それはウイルスの強さというよりも、自身が持つ免疫力の差なのです。
防御作用である免疫力が強ければ強いほど、体内に侵入したウイルスの毒性は弱まります。逆しかり、免疫力が弱っていれば、ウイルスの毒性は強くなり、酷い症状を引き起こしてしまうのです。「病は気から」と言いますが、その通り。メンタルが弱っていたり、ストレスを抱えていても免疫力は落ちてしまいます。なので、風邪が流行る季節は特に、免疫力を高めなければ、まんまと流行に乗ってしまいます。風邪を引かないに越したことは無いですが、風邪を引いてしまってとしてもなるべく軽く、なるべく早く治せるように、重症化も防げるように、日頃から生活を整え、免疫力を高めることが一番の風邪対策と言えるでしょう。
まず、身体の防衛作用、免疫力を強めるためには、十分な栄養と休養がキーポイントとなります。本来なら、過労を避け、バランスが整った食事を規則正しく摂取、そして十分に睡眠をとることが大切なのですが、大人になればなるほどそれが難しくなります。ですので、できる限りでいいので、食生活や睡眠は意識して生活しましょう。全くやらないのと、できるときは徹底するのとではかなり違います。
また、ウイルスは低温乾燥が好みです。高温度と高湿度では活発に働くことができません。よって、夏はあまり風邪が流行にならず、乾燥し湿度が低い冬に流行するのです。ですので、冬場は特に、温かくし、乾燥を防ぎましょう。暖房が効いた暖かい室内でも、乾燥していては意味がありません。加湿器かなにかで、空気を潤わせて下さい。

そして更に注意して頂きたいのは、免疫力がかなり低下している、がんの手術や治療中の方、治療後の方、糖尿病や呼吸器疾患のある方。風邪を引いてしまうと。重症化しやすく、それこそ「万病の元」。お年寄りの方や乳幼児も同様です。ハイリスクグループと呼ばれるかぜが重症化しやすいグループには、65歳以上の方、老人福祉施設、老人医療施設に入所・入院している方・慢性疾患で治療中の人、肺や心臓の慢性疾患のある方が挙げられます。喘息をお持ちのお子様もですし、糖尿病・腎機能障害にて免疫抑制剤治療が必要な人たちなども入ります。この様な方々は、合併症も恐れなければなりません。ご家族が付いている場合は特に注意してあげて下さい。
この様に、免疫力がかなり重要となりますので、免疫力を高め、より健康に過ごしましょう。

■人気
つくばの美容室「サプリス」は出来るだけお客様のご希望に添えます。

This post was written by , posted on 11月 8, 2013 金曜日 at 8:33 am

Comments are currently closed.