ハーブとは?

OFF

ハーブは、ラテン語であるHerbaが語源となり、それが変化したHerbという言葉です。
これは、英語では薬草という意味になります。
広辞苑での定義としては、薬草・香料とする植物の総称、ということになっています。
ハーブというのは、人間が自分の生活の役に立てることができる植物のことを、全般的に指す言葉なのですね。
ハーブといえば葉というイメージがあるかもしれませんが、植物の葉はもちろん、根や皮や実など、木もハーブと呼ばれるものになります。
そういったものを活用することで、健康の維持をして病気を予防することができますし、料理での香辛料に使うこと、ハーブティーにすること、化粧品として使うこと、アロマとして使うことなど、様々な活用方法があります。
ハーブの中には美容成分が含まれているものもあり、そういったものは入浴剤として使われることもあります。
香りがよいハーブは、リラックス効果を得ることができますので、アロマなどで使われることが多いようですね。
ハーブは、自然の素材であるために科学的なものよりも安全性が高いという特徴があります。
ハーブには他にどのような力があるのか、それを見ていきましょう。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:08 pm

Comments are currently closed.