フレッシュハーブとドライハーブの差異

OFF

そこには、三倍近くの差があると考えられています。
フレッシュハーブは、季節感に左右されるものであるために、時期によっては手に入らないということもありますが、新鮮であるという特徴があります。
ですが、それだけにいつでも自由に楽しむことができないものではあります。
また、フレッシュハーブには独特のアクがありますので、強い刺激を感じるためにそれを苦手に思う人もいるようです。
それに対してドライハーブでは、安全に乾燥をさせているために、時期に関係なくいつでも手に入れることができます。
基本的に、お茶というものは一度乾燥をさせてから使っているものですよね。
フレッシュハーブ、ドライハーブ、どちらにも特徴と良いところがありますので、それぞれの特徴を理解して利用してください。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:06 pm

Comments are currently closed.