美白成分の種類とはどんなものか

OFF

美白成分というのは、医薬部外品に含まれているものである限りは、メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防いだり予防をするものといわれています。
では厚生労働省によって承認された美白成分には、どういった成分が含まれているのでしょうか。これは、主にビタミンC・アルブチン・プラセンタ・エラグ酸・コウジ酸という、メラニンをつくる酵素である、チロシナーゼの活性化を防ぐというものになります。
メラニンを作り出す部分であるメラノサイトを活性化させる、カモミラET・m-アルブチンという刺激物質を阻害するものもあります。また、メラニン排出を防ぐための。エナジーシグナルAMP・リノール酸・4MSKといったものも含まれて居ます。
また、チロシナーゼの熟成を阻害するためのマグノリグナン、生み出されたメラニンを表皮細胞に受け渡すことを阻害するD-メラノというような、新しい成分もここには含まれて居ます。

This post was written by , posted on 8月 27, 2013 火曜日 at 2:03 pm

Comments are currently closed.