ハーブの三大活用法

OFF

1:薬用的な効果
ハーブティは、使用をすることによって薬用的な効果を得ることができるようになります。
例えば、美容に効果があったり、病気の予防をすることに効果があったりします。
他にも、精神的にストレスを和らげることができる、疲労回復ができる、若返り効果、脳が活性化する、身体があたたかくなるなど、それぞれに高い効果を期待できます。
2:視覚的な効果
視覚的というのは、あくまで見た目で楽しむということです。
紅茶や日本茶といったものは、色としてもあまり大きな違いはありませんよね。
ですがそれに対してハーブでは、色も様々なものがありますので、個々の違いを目で見て楽しむことができるのです。
3:芳香的な効果
ハーブからエッセンシャルオイルを抽出することで、その香りを楽しむという方法です。
香りとして体内に摂取することができれば、リラックス、リフレッシュ効果を得ることができます。
アロマテラピーのほうが香りは強くなりますが、ハーブでも十分に効果を得ることができるでしょう。
例えば、スパイスとして料理に使う、お茶として飲む、ボディケアの際に使用する、染物の染色剤として使う、防虫剤として使う、アロマオイルの原料として使う、などの方法があります。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:05 pm

Comments are currently closed.