酸化防止作用のあるハーブ

OFF

活性酸素が発生することによって、体内の細胞と活性酸素が結びついてしまい、細胞が傷つけられることがあります。これを酸化と呼びます。
ハーブに含まれている効果としては、この酸化を防ぐことができるというものもあるのです。
ハーブには様々なものがありますが、その数百種類というハーブには、共通して酸化防止作用があるのです。これは、老化を防止する作用としても効果があります。

ハーブティにすることで、活性酸素を除去できる活性酸素除去酵素を大量に活用することができます。
食後にハーブティを飲むことで、酸化を十分に防止することができるでしょう。
日常の習慣的にハーブを取り入れるようにすれば、様々な身体のトラブルを防止することができます。
例えば、皮膚の酸化を防ぐことによって、シミやシワを防ぐことができます。
血管の酸化を防げば、動脈硬化などの成人病の症状を防ぐことが可能です。
脳の酸化が防がれれば、痴呆症の予防も可能になるのです。
活性酸素は、主に老化の原因ということになっていますが、これは人間が食物を食べることによって発生することになります。
人間が得るエネルギーは、体内で酵素を体内で燃焼させるためにつくられるのです。
しかし、すべての酵素が燃やされるというわけではなく、このとき活性酸素が発生してしまうことになるのです。

Categories: 未分類
This post was written by , posted on 12月 21, 2011 水曜日 at 5:02 pm

Comments are currently closed.